事業承継

​-次世代へのバトンの渡し方

握手二人の男

事業承継とは

事業承継とは、会社の中身、事業そのものを承継する取り組みをいいます。株式を承継し、代表者を交代するという「形」を整えることではありません。

中小企業の社長より、次のような相談をよく受けます。

・代表を交代する以外に何をすればよいですか?

・会社に相続税がかかりますか?

・会社の株式に対して、相続税がかからない方法ありますか?

・後継者候補の子供の適性が不安だ。

・銀行から事業承継について準備しているか質問されたがどうすればいいか?

​こういったことを解決するのが事業承継の目的です。

事業承継のために準備すべきこと

​中小企業の社長が事業承継で取り組むべきことは大きく二つに分けられると考えています。

一つ目は、「経営」を承継するための準備、二つ目は、「財産」を承継するための準備です。

経営の承継

経営の承継とは次のような事項を引き継ぐことです。

・代表権

・社長が掲げてきた経営理念

・従業員をはじめとする組織

・得意先、仕入先・外注先、金融機関、メリットのある取引先

・個人的な人脈

財産の承継

財産の承継とは、自社株を譲渡、贈与、又は相続することです。

前述したご相談の多くは上記のいずれかに関するものといえます。

現社長は、経営の承継を行うために後継者に少しずつ経営実務を引継ぎながら、経営者として成長できる環境を提供しなければいけません。

今までどうやって会社を経営してきたか? 何がきっかけで事業がうまくいったか?

誰に助けてもらったのか? 経営する上で社員に対してどのような思いを持っていたのか?

時には、苦労話を交えつつ、実際にやっているところを見せながら時間をかけて後継者に伝えていってください。

経営の承継さえうまくできれば、財産の承継は専門家に任せれば大丈夫です。

朝日会計では、親族、社内の役員又は従業員への承継について、経営の承継から財産の承継までをご支援しています。

社長が継がせたい会社、後継者が継ぎたい会社にし、創り上げてきたものを良い形で次世代に残していきましょう。

Contact Us

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

​受付時間 平日9:00~18:00

WEBでのお問い合わせ

zoomでの無料相談